3回の開催でみえてきた「オイスターワインとはなにか?」

オイスターワインコンテスト受賞ワイン(シール)オイスターワインコンテストも、2019年の今回で3 回目をむかえることができました。

高岡信明

高岡信明
ワインコンプレックス代表

このコンテストのそもそもはじまりは、専門性の高いワインを輸入し、日々販売のために多大な苦労をされているインポーターさんに対して、ワインの販促のためのお手伝いをしたい、という願いからでした。

まずは、どのようにしたらワインの消費が伸びるかを考え、白ワインに注目しました。

爽やかな白ワインには、どうしても「夏の飲み物」というイメージがつきまといます。寒い時期に飲んでも美味しいのに、冬になると白ワインの需要は下がり気味。そんな冬場に、まさに旬をむかえるのがオイスターです。

オイスターと白ワインは、切っても切り離せない関係にある。そこで、両者のペアリングを提案することで、「冬場の白ワイン需要をのばせないか?」と考えたわけです。

回を重ねるごとに、さまざまなことが見えてきました。オイスターに合うワインというと、これまでは限られた種類のワインのイメージが強くありましたが、実際に相性の良いワインの種類は、品種、スタイルなどさまざまだったのです。

また、インポーターさんがもつ多くのラインナップの中で、2番手、3番手と思われていたワインが、ことオイスターに合わせた場合、驚くほど素晴らしいポテンシャルを開かせて、主役に躍り出る、というようなこともしばしばありました。これは、ワインにとって新たなマーケットが拓かれたことになるでしょう。

3回目の今回は、エントリーされたワインが絞り込まれ、厳選されていました。どのワインも、オイスターとの相性が素晴らしく良く、ハズレがほとんどなかった。そういう意味では、オイスターワインコンテストに対して「傾向と対策」が練られてきた、といえるでしょう。

ワインに関連する業界全体が、オイスターに対して大きなビジネスチャンスを見出した、といえるかもしれません。このコンテストがもし、そうした流れにささやかなきっかけを与えたのだとしたら、これにまさる喜びはありません。

1回目、2回目、そして今回選ばれたワインをご覧になると、「オイスターワインとはなにか?」という問いに対する答えのようなものが、みえてきたことがおわかりになるでしょう。コンテストをはじめた当初から、あるかないかもわからないその答えを模索してきたわけですが、ここでひとまず「やはり答えはあった」と思います。

しかしその一方で、まったく異なるアプローチがあるようにも思われます。牡蠣の業界も日々刻々変化しています。今後、4回、5回と続けていくにあたり、また新たなシーンが拓けていくのではないかと、期待してやみません。


オイスターワインの選考基準
オイスターワインコンテスト受賞ワイン(シール)

  • ミネラルを感じるワイン
  • フレッシュなワイン
  • 酸味が際立ったワイン
  • ワインとオイスターの余韻が楽しめるワイン
  • ヨード香があるワイン
  • 旨味のあるワイン
  • 塩味が感じられるワイン
  • オイスターに合わせて楽しいワイン


※掲載内容の無断転載は禁止いたしております。※
掲載内容の2次使用をご希望の場合は、下記の点にご注意いただき使用いただけますようお願い申し上げます。

※2次使用での注意事項※
1.「オイスターワイン2019パーフェクトガイド」もしくは「オイスターワインコンテスト2019公式ページ」より転載した旨を明示ください。
2.掲載個所に「オイスターワインコンテスト」ロゴマークを掲示ください。(ダウンロードはこちらから)